新所長よりご挨拶

2018年04月01日

 

 ご父兄の方や受験生本人から一番多い質問に「才能がないとダメなのでは?初めてなので今からでは遅い?」があります。答えは “いいえ” です。 経験の有無ではなく、本人の意志と周囲の理解があればすべて “大丈夫” です。 大切なのは「情報」です。一般の大学と比べて「情報」が少なく進路の選択次第で大きく将来が変化してしまうのが美大受験です。九州美術ゼミナールには、この 客観的な「情報」があります。必ずこの「情報」は理解につながり、また本人の意志を後押して希望以上の進学を実現し、さらには、より良い条件での希望職へとつながっていきます。”社会から必要とされる”人材作りを基本理念として、時代とともに変化する社会やそれに伴う美大の動向と対峙し、皆さんの夢の実現を全力でサポートする場所、それが【 新生・九州美術ゼミナール 】です。
 新生・九州美術ゼミナールは細工町に場所を移し、この2015年から3年間で、絵画・日本画等のアート系はもちろん、特にデザイン分野を強化して、この学科特有の多様な問題に対応できる体制を整え、倍率が高く難関である美大へ数多く合格者を出し、各大学教授の方々から「全国の予備校の中でもトップクラス」との評価を頂くまでになりました。これに驕る事なく真摯に学生と向き合い、当ゼミナールスタッフ一同、実技指導に全力を尽くして参りたいと思いますので、 今後ともどうぞ宜しくお願い致します。